HOME > 製品案内 > QUADRASORB evo™

製品案内

QUADRASORB evo™

カーボン

ガス貯蔵

比表面積

気孔率

物理吸着

独立ポート

細孔分布

電池/燃料電池

独立4ステーション型 比表面積・細孔分布測定装置

QUADRASORB evo™ は、最大4つの同時・独立 分析ステーションにより、1回の測定が終了したら、直ぐに次の測定を開始することができます。処理量の多い工業材料の特性評価を行う研究所などでは、飛躍的に作業効率を向上させます。非常に費用対効果の高い製品です。

Quadrasorb evoの特徴
  • 最大4つの独立ステーションによる測定処理能力の大きさと高い操作性。
  • 各分析ポートは、異なる分析測定条件で、個別にプログラムすることができます。
  • 各ポートでは、1回の測定が終了したら、測定中の別ステーションの測定を遅らせることなく、新しい試料の測定を開始することができます。
  • 測定柔軟性を最大限に伸ばすため、特許のヘリウム・フリーNOVAモードまたは従来法のヘリウムフリースペース測定モードを利用できます。
  • 複数のP0オプション (測定、算出、入力、1日1回) 機能を搭載した4つの独立専用P0ステーション。
  • 分析時間と分解能を最適化する複数のガス導入方法 。
  1.  1.Standard:試料の要求に応えて導入量を自動的に調整。
  2.  2.Vector Dosing:一定の導入量 (各データポイントにつき0.1 ~ 10 cc)。
  3.  3. Delta Max:重要な細孔充填を見逃さないように、大きな吸着が変化する付近にデータポイントを追加。
  • 最新の細孔径計算用の密度汎関数理論 (DFT) ライブラリを完備した最新のQuadrawin Software。
  • 医薬品用途向けに、21 CFR Part 11 に準拠したソフトウェア。
  • 窒素、アルゴン、二酸化炭素、軽炭化水素などの非腐食性ガスを使用して、いかなるガス関連特性をも分析することができます。
  • 標準バージョンには4つのステーションが搭載されていますが、2つならびに3つのステーション版も入手可能です。

 

Quadrasorb evo  

低比表面積測定のためのクリプトンガス吸着機能と低圧ミクロポア特性評価を可能にする低圧 (1 Torr)センサーと特許のオイルフリーターボ分子真空システムによるゼオライト、活性炭、モレキュラシーブなどのミクロ細孔材料のより完全な特性評価に必要な低圧吸着温線データ (最低4 x 10-5 P/P0) を提供します。

最新の機能

完全自動化の多試料ポート分析装置

各分析ポートには個別の独立したデュアー(冷媒レベルセンサー付)、圧力センサー、P0セルが含まれております。

最大4つの独立した試料ステーションでセルのサイズも選べます。

デュワーカバーが密着。長時間ガスを保持できます。

 

基本的機能

分析ポートはそれぞれ独立してプログラム可能です。

複数ガス導入法で分析時間分解能を最適化

低比表面積及びミクロ細孔測定用クリプトン/ミクロ細孔オプション

低圧力センサー、ターボ分子真空ポンプ搭載

超低比表面積測定(原薬・粉末金属など)でクリプトンガス吸着測定可能

ミクロ孔物質(ゼオライト、活性炭、モレキュラーシーブ)の特性を完全に評価する低圧吸着データ測定が可能

 

 

 

 

サンプルの前処理

高品質測定の鍵は、試料のばらつきが最小となるよう、前処理や調製を十分に行った試料で測定することです。試料の前処理を効率良く行うことは、最適な測定に必要不可欠です。Nova eシリーズ、Autosorb、QUADRASORB evoのユーザーは、さまざまな試料前処理ユニットを選択することができます。試料の前処理には、真空中で試料を加熱して表面汚染物質を除去する作業が含まれます。

一覧に戻る

関連する技術資料

技術情報資料PDF版 技術情報ページに掲載している内容の完全版をお送りします!

関連するアプリケーション
関連製品

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求