HOME > 製品案内 > iSorb

製品案内

iSorb

MOF

カーボン

ガス貯蔵

細孔分布

触媒

高温高圧

高圧ガス吸着測定装置

iSorbシリーズは容量法の全自動高圧ガス吸着装置で、最高200barまでの幅広い圧力範囲において吸脱着等温線の測定が可能です。

高圧ガス吸着について

高圧ガス吸着はCO・メタンの回収・貯留や水素吸蔵などに用いる吸着剤の研究のために欠かせない分析手法です。例えば水素吸蔵の場合は、物理吸着だけでなく、水素化物の形成も評価されます。また、ガス分離のためのミクロ孔材料の分析手法としても使われています。

 特徴

iSorbシリーズは、1ステーション型、2ステーション型、最高圧力100bar型、200bar型の4つのラインナップを取り揃えています。

 

  • 高い安全性 :内部配管とサンプルセルはSUS製で、化学的適合性と安全性を確保しています。
  • 高精度な温度制御:測定マニホールドの温度を精密に制御できるため、高圧において問題になるマニホールド部分のガス量評価の誤差が小さく、高圧領域においても正確な測定を行う事が可能です。測定セル温度は、循環恒温槽、マントルヒーター、液体窒素、クライオクーラーなど様々な方法で制御でき、幅広い温度に設定できます。
  • 高機能ソフトウェア:PCにより完全に制御。ソフトウェア上で常に圧力を確認できます。
  • コンパクト設計:サンプルの脱気は分析ステーションに接続したまま行うことが可能です。
  • 関連法規:高圧ガス保安法に適合しております。

一覧に戻る

関連する技術資料

技術情報資料PDF版 技術情報ページに掲載している内容の完全版をお送りします!

関連するアプリケーション
関連製品

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求