HOME > 製品案内 > FloVac脱気装置

製品案内

FloVac脱気装置

前処理

FloVac脱気装置は、2種類の試料前処理法を単一ユニットにまとめた装置です。この装置には、それぞれ個別の制御弁を装着した6ステーションがあり、他の試料の前処理を中断することなく、試料セルを個別に追加したり取り出す事ができます。

脱気温度は、内蔵の加熱マントルにより、10°Cステップで最高400°Cまで設定でき、デジタル表示で連続的に監視することができます。FloVac脱気装置は、NOVA、QUADRASORB SI、Autosorb-1の各シリーズの比表面積・細孔分布測定装置に、適切に前処理された試料を、ほぼ連続的に供給することができます。

 

フロー脱気装置として使用した場合、ニードルバルブによって、粉末の飛散 (ブローアウト) が発生しないように、流量を制御することができます。各ステーションの金属菅は、試料セルへの挿入深さを調整することができます。試料前処理の完了後は、試料セルを保持できる冷却ステーションが装着されています。

 

真空脱気装置として使用した場合、操作性や汎用性を向上させるため、真空排出速度と再充填ガスが選択できるようになっています。試料セルの長さと3種類の菅径に対応できる選択継手が付属しています。

 

 

FLOW degasser
フロー脱気機能のみを必要とするラボのために、Flow脱気装置が用意されています。

一覧に戻る

関連する技術資料

技術情報資料PDF版 技術情報ページに掲載している内容の完全版をお送りします!

関連する技術資料はありません。

関連するアプリケーション
関連製品

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求