HOME > 原理

原理

原理

カンタクローム製品が用いている原理についてのご紹介。

  • ガス吸着原理

    固体の構造とその反応性によって、固体表面がどのようにガス分子と影響しあうかが決定されます。

  • BET比表面積

    BET法は、1938年、Brunauer、Emmett、Teller の3名が単分子層吸着説であるLangmuir理論を多分子層に拡張した理論。

  • 化学吸着

    化学吸着原理を、TPR(昇温還元/反応)・TPO(昇温酸化)・TPD(昇温脱離)・パルス滴定:定量分析の観点からご紹介。

  • 細孔の容積分布測定

    水銀ポロシメータは固体中の細孔の大きさや、その容積を測定することで、その固体の物理的形状の情報を得ようとするものです。

  • 気相置換法

    このピクノメーターは、気相置換法により、固体・粉体の真密度を測定します。

資料請求・お問い合わせ窓口 電話でのお問い合わせ 平日:9:00~18:00 044-829-1525

メールでの資料請求

メールでのお問い合わせ

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求