HOME > イベント情報 > 

イベント情報

イベント情報

本セミナーは終了しました。ご来場(参加)頂きましてありがとうございました。
本イベントの受付は終了致しました
エッジ・テクノロジーセミナー in 愛知 〜セラミックス評価編〜
  • 開催日2017/09/26
  • 会場ウインクあいち 11階 1101会議室
  • 種別合同セミナー

先進的(Edge)なソリューションを提案致します。

【セミナー名】エッジ・テクノロジーセミナー 〜セラミックス評価編〜

【日時】2017年9月26日(火) 13:00〜17:30

【会場】ウインクあいち 11階 1101会議室
      (JR名古屋駅桜通口から 徒歩5分)

【主催】カンタクロームジャパン、ネッチジャパン、
    スペクトリス㈱、パナリティカル事業部、マルバーン事業部

 

最先端技術を有する機器メーカーが「セラミックス評価」に焦点をあて、皆さまのご参加をお待ちしております。

 

【スケジュール】

13:00 ~13:10 ご挨拶
13:10 ~14:05

ガス吸着法等を用いたセラミックス材料の評価事例

カンタクローム・インスツルメンツ・ジャパン(同)

ガス吸着法によってセラミックス粉末の物性指標値であるBET比表面積などが測定されています。本セミナーでは“いまさら聞けない?!”基本原理や関連規格の紹介、最先端の解析モデルを適用した評価事例などガス吸着法に関わる基礎から応用事例を紹介します。

14:05 ~15:00

粒子分析技術を基軸にした各種セラミックス原料粉体の評価と応用事例

スペクトリス㈱マルバーン事業部

セラミックスにおける原料粒子の分析は重要ですが、その評価は一義的に行われてきました。粒子径の定義や粒子形態、さらにはスプレードライなどの製造法の最適化や、粒子内部構造観察、などといった幅広い視野からの応用事例を基本から解説します。

15:00 ~15:10 休憩
15:10 ~16:05

X線回折の原理とセラミックス材料に有用な測定・解析手法について

スペクトリス㈱パナリティカル事業部

セラミックス材料評価に欠かせないX線回折測定手法の基本的な原理から、X線散乱現象を用いた測定や最新の解析方法まで、セラミックス材料に必要な手法を幅広く解説します。

16:05 ~17:00

セラミックス材料における熱分析・熱物性評価

 ネッチ・ジャパン㈱

より高度な機能性や構造制御が要求されている新規ファインセラミックス材料の開発には熱処理の検討は欠かせません。焼成における熱反応・収縮量の評価や熱処理後の熱伝導率・線膨張係数といった熱物性の測定事例を分かりやすく紹介します。

17:00~17:10 質疑応答
17:10 ~ 技術相談会 (希望者のみ)

 

その他詳細はこちらよりご確認ください。

 

 

このセミナーを申し込む
資料請求・お問い合わせ窓口 電話でのお問い合わせ 平日:9:00~18:00 044-829-1525

メールでの資料請求

メールでのお問い合わせ

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求