HOME > 会社案内 > カンタクローム米国本社のご紹介

会社案内

カンタクローム米国本社のご紹介

カンタクロームは、今日の多孔質材料が抱える課題に対し解決の糸口を提供する先駆者として、世界でも名高い企業です。45年以上にわたり、カンタクロームの科学者たちは測定技術を革新し、粉体や多孔質材料の、下記に代表される特性評価を高精度かつ正確に測定するための分析機器を設計して参りました。

カンタクローム米国本社のご紹介
  • Gas Sorption Isotherms ガス吸着等温線
  • Surface Area Measurement 比表面積測定
  • Pore Size Distribution 細孔径分布
  • Chemisorption Studies 化学吸着実験
  • Water sorption 水蒸気吸着
  • Mercury Porosimetry 水銀圧入法
  • True Solid Density 真密度
  • Tapped Density タップ密度

これらの特性は、バッテリーや燃料電池材料、不均一系触媒、階層構造を持つ触媒、グラフェン、MOF(金属有機錯体)、製薬、セラミック、カーボン、ゼオライトや先進的なメソ/マイクロ孔材料、生体材料、発砲材料、顔料、食材など様々な材料の比表面積を通じた固体表面周辺で作用する信頼されるべき最も重要な特性です。カンタクロームは粉体や多孔質材料の特性を評価する世界で最高峰のラボを備え、お客様のサンプルに対し信頼性が高く評価できる素晴らしいリソースと評価頂いています。

カンタクロームの使命は、最高位の品質と信頼性を持つ粉体及び多孔質材料評価装置を開発・製造する事です。
製品を提供するのみならず、アプリケーション毎の技術サポート、トレーニングを通じて、徹底したソリューションを提供します。これは、我々の事業活動がお客様にしっかりとした満足度を感じて頂く事にあります。弊社は、粉体及び多孔質構造を測定するための様々なニーズを満たす為、そのご要望にお応えできる様、常に新たな製品開発とアプリケーションの拡大をさせていきます。

フィールド・サービス
フィールド・サービス

Quantachromeのサービススタッフは、カンタクロームがお客様から信頼頂ける研究の原動力で有り続けるため、お客様のご要望に添った迅速な対応、サービスパッケージ、スペアパーツを提供するだけでなく、お客様に合わせた柔軟なサービス契約を提案します。

アプリケーション・ラボ
アプリケーション・ラボ

最新装置を取り揃えたアプリケ-ションラボであるLabQMCでは専門家による測定サービスを提供しています。実際にお客様のサンプルを測定して、機器の購入前にその適用性を確認することも可能です。測定サービスは、BET比表面積、ラングミュア比表面積、ミクロ細孔表面積、メソ孔分析、水蒸気吸着、温度依存吸着性能、重量法水蒸気吸着、化学吸着、真密度、タップ密度、細孔径分布、粒度分布、ゼータ電位に限らずあらゆる測定サービスを提供します。

アプリケーション・ラボ
アプリケーション・サポート

弊社では、機器のフィールドサポートをビジネス戦略の重要な構成要素として捉えております。専門の科学者が常に待機して、高度なアプリケーションや機器の使用法に関する質問に回答します。

科学技術のパートナーとして

カンタクロームには材料 材料物性評価における世界的知名度を持つ専門家がいます。Dr.Matthias Thommesを中心とする科学者達は、世界中の先端材料の研究機関と幾つもの共同研究プロジェクトを遂行しています。彼らは、定期的に論文に投稿し査読され、触媒、吸着、ナノ細孔材料、メソ孔材料、ゼオライト、MOF、グラフェン、カーボン、燃料電池やメソ孔-シリカ材等の吸着関連の国際学会において多くの講演もしています。

ISO9001:2008
ISO9001:2008

カンタクロームの品質管理システムはTUVによって認証されています。粉体特性評価装置の設計・製造・メンテナンスサービス・及び技術サポートは、ISO9001:2008に基づき管理されています。ISO9001:2000から置き換わったISO9001:2008への認証によって、カンタクロームは改良された管理手法で全てを監視し、引き続き改善を続けていきます。ISO9001:2008認証の達成によって、カンタクロームは究極の顧客満足をお約束します。

取得済米国特許一覧
1

6,387,704 : Method for compensating for the time-dependent change in coolant level during gas sorption analysis.

2

6,257,835 : Dry vacuum pump system for gas sorption analyzer.

3

6,021,661 : Apparatus for determining pore volume distribution of multiple samples by intrusion of a non-wetting liquid.

4

5,895,841 : Method and apparatus for performing adsorption and desorption analysis of samples.

5

5,360,743 : Method for measuring a sample sorption and a sample cell void volume and wall adsorption using an adsorbate gas.

6

4,566,326 : Automatic volumetric sorption analyzer.

7 4,170,129 : Method of determining pore volume distribution of a powder by mercury intrusion.
8 3,884,083 : Surface area determination by direct read-out.
9 3,859,843 : Apparatus for measuring surfaces by mercury intrusion.
10 3,783,697 : Method of determining small surface areas.
11 3,771,367 : Method of determining desorption isotherm curve and of scanning hysteresis.
12 3,555,912 : Incremental method for surface area and pore size determination.
カンタクローム米国本社概要
商 号

Quantachrome Corporation

本 社

1900 Corporate Drive
Boynton Beach, Florida 33426 USA

代表電話

+1-561-731-4999

代表者

社長 F. Scott Lowell

設 立

1968年

主要事業

科学機器及び周辺機器の製造販売、輸出及び
テクニカルサポートの提供

決算期

12月

海外販売網

5子会社、45社代理店

従業員数

US130名 / グループ総計205名

URL

http://www.quantachrome.com

会社紹介

Quantachrome Corporate Introduction

世界に広がるカンタクローム

世界に広がるカンタクローム

カンタクロームの科学者紹介
Dr. Matthias Thommes Dr. Matthias Thommes

Director of Applied ScienceのThommes博士は2001年から、世界中の国際学会や大学で招聘講演や特別講演を含め100以上のプレゼンテーションを行っている多孔質材料の特性評価に係る世界で最も活躍する科学者の一人です。また、IUPACの特別委員会の委員長やISO部会の議長を務めています。

Dr. Katie A. Cychosz Dr. Katie A. Cychosz

Katie博士はミシガン大学で博士号を取得しました。Katie博士はミシガン大学在学中にグレアム・サステナビリティ研究所で特別研究員を務め、ダウ社の継続的研究開発学生賞で表彰されています。

Dr. Remy Guillet-Nicolas Dr. Remy Guillet-Nicolas

2012年10月にカンタクロームのメンバーとなったNicolasは2014年にカナダのラバル大学にて博士号(化学)を取得しました。Nicolasはバイオメディカル向けメソ孔材料の設計及び特性評価を専門としています。また、ガスの物理吸着によるナノポーラス固体の特性評価にも注目しています。

Dr. Charles G. Thibault Dr. Charles G. Thibault

Thibault博士は分析機器分野で30年以上の経験があります。新製品の開発などを手掛け、エンドユーザーのアプリケーションと新たな装置や技術との架け橋となってきました。Thibault博士は、様々な温度での二酸化炭素及び水素吸着を利用したMOFの特性評価を研究領域としています。

Dr. Martin A. Thomas Dr. Martin A. Thomas

Thomas博士は多孔質材料及び粉体の特性評価において25年以上の経験があります。粉体特性に関する講義を定期的に行っている上、多孔質材料や触媒の特性評価技術に関するセミナーで500回以上の講演を行っています。

  • 会社案内
  • 会社沿革
  • 代表者挨拶
  • 経営方針・経営理念
  • 米国本社紹介
資料請求・お問い合わせ窓口 電話でのお問い合わせ 平日:9:00~18:00 044-829-1525

メールでの資料請求

メールでのお問い合わせ

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求