HOME > 会社案内 > 会社沿革

会社案内

会社沿革

1968年
  • ロングアイランド大学 S.Lowell博士によりNY州ロングアイランドに創業
  • 測定時間を大幅に短縮したQuantasorb BET Surface Area Analyzerを発表
1972年
  • 流通法BET1点法比表面積測定装置(Monosorb)1号機を製品化
  • 全自動ピクノメーターを量産化
  • ユアサバッテリー(株)が日本の総代理店となる
1978年

劇的に測定時間が短縮された自動水銀ポロシメータを製品化(特許取得)

1982年

6サンプルポートBET多点法比表面積測定装置を製品化

1984年

ユアサバッテリー(株)からユアサアイオニクス(株)へ日本総代理権が移行

1990年
  • NOVAモード(特許)を搭載した高速・比表面積/細孔径分布測定機NOVAシリーズを発表
  • Quantachrome GmbH設立
1993年

Quantachrome UK Ltd設立

1994年

フロリダ州Boynton Beachに本社を移転

2001年
  • 企業ブランドをQuantachrome Instrumentsに変更
  • ゼオライトとマイクロポーラスシリカの細孔解析用の高度な解析モデルであるNLDFTのフルライブラリーを世界で最初に発表
2004年

4ポート独立型高速・比表面積/細孔径分布測定器

Quadrasorbシリーズ発表

2008年
  • Quantachrome China設立
  • ISO9001認証取得
2009年

ユアサアイオニクス(株)解体に伴い日本総代理権がシスメックス(株)に移行

2010年

  • スペクトリス(株)マルバーン事業部に日本総代理権が移行
  • Quntachrome instrumentsのフラッグシップモデル
    「Autosorb®-iQシリーズ」を発売
2011年

製品ラインナップにPOROMETER 3G™を追加

2012年
  • 細孔容積・細孔径・ゼータ電位測定器「WAVE」を発表(特許取得)
  • 高圧吸着測定器「iSorb」を発表
  • カンタクローム・インスツルメンツ・ジャパン合同会社設立
2014年

高温/高真空・蒸気吸着測定装置Vstar発表

2015年

タッチパネル型 高速・比表面積/細孔分布測定装置
NOVA TOUCH発表

カンタクローム社の興り
カンタクローム・インスツルメンツの興り

カンタクローム社は、1968年、ロングアイランド大学のS.Lowell博士により、NY州のロングアイランドに創業。
4年後には流動方BET1点法比表面積測定装置1号機を製品化、粉体業界で大きな驚きをもって受け止められ事業を拡大、今日に至ります。

 

>>カンタクローム・インスツルメンツ米国本社のご紹介

  • 会社案内
  • 会社沿革
  • 代表者挨拶
  • 経営方針・経営理念
  • 米国本社紹介
資料請求・お問い合わせ窓口 電話でのお問い合わせ 平日:9:00~18:00 044-829-1525

メールでの資料請求

メールでのお問い合わせ

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求