HOME > 会社案内 > 代表者挨拶

会社案内

代表者挨拶

米国本社代表のご挨拶
米国本社代表のご挨拶

Quantachrome Corporation社長から日本のお客様へ

 

1968年の創業開始から、カンタクロームの使命は世界の研究者達が抱えている最も困難な課題解決の手助けをする為に世界的にも最高位の粉体物性評価装置を開発してきました。人類のあらゆる生活が豊かになる事を暗示する様な並外れた新素材を世界の研究者及びメーカーが発明にする際に、私どもの物性評価技術は少なからず貢献しています。

比表面積、細孔径のみならず表面物性を化学的に制御された排ガス触媒は、車両から発生する大気汚染を削減し私どもの健康に貢献しています。
石油化学産業で使用される触媒は、比表面積と細孔を最適化する事によって、材料の再利用と環境の持続可能性を高める役割を施しています。
薬剤において比表面積、細孔径、水分吸着物性を制御することは、薬の効用を延長し、品質を高める事を可能にして、その結果非常に多くの生命を助ける役割を果たしています。
岩石中の細孔径と密度を解析する事によって油田探査を助け、拡大している世界の人口増加に耐えうる新たなエネルギー源の創出に貢献しています。
工場で使用されるフィルターや膜の細孔径や比表面積が排水の品質を向上させ、何十億もの人々の生活の安全を保障しています。

私どもはその歴史を通して、お客様の最終目標を手助けする事により顧客満足度を高める努力に注力してきたことを誇りに思っています。私どもは常にお客様の声に耳を傾け、そのご要望、ニーズに沿った研究開発を進める様にしてきました。その成果が当社の発明であり、その発明は世界に幅広く知られ、数多くの米国特許も取得しました。

カンタクロームは、これからも粉体物性評価科学の最先端の会社であることを継続し、分析機器の開発のみならず私どもの科学分析チームにて多孔質体をより深く理解し、基礎研究にも貢献したいと考えています。
毎年の様に私どもの科学者は、非常に数多くもの学術論文を学術誌に投稿し、多くの学会に出席することにより、世界中の研究者との協力関係を維持し、また発展させて来ました。

日本においては、大学や企業における研究サポートを40年以上お手伝いさせて頂きました。今こそ、大切な日本のお客様に次なる大きな責任を果たす時がやって来たと考えています。

私どもは、米カンタクローム社100%子会社であるカンタクローム・インスツルメンツ・ジャパン合同会社を設立する事により、日本のお客様とダイレクト且つ密に接することにより、最高の製品、アプリケーション及びメンテナンスサポートを提供させて頂く所存です。当社は、世界的にも最高位の技術サポートを提供し、日本のみならず世界中のお客様に満足頂く事をお約束致します。

  • 会社案内
  • 会社沿革
  • 代表者挨拶
  • 経営方針・経営理念
  • 米国本社紹介
資料請求・お問い合わせ窓口 電話でのお問い合わせ 平日:9:00~18:00 044-829-1525

メールでの資料請求

メールでのお問い合わせ

ページTOPへ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 技術資料請求
  • メールでのお問い合わせ
  • カタログ請求